6/28 日記

こんばんは。
だいぶ、長らく放ったらかしにしてしまいました…。

書きたいなぁとは思っていたんですが、単純に忙しくて書けなかったので。

映画を観ることも好きですが、音楽を聴くことも好きです。
ゲームも好き…だけど今日はゲームはちょっと置いておいて。

ジャッキーの「ザ・フォーリナー」の記事を読みました。
私はレンタルで映画を見ることも多いけど、物欲が強いので円盤もよく買います。
ジャッキーの古い映画も、好きなので割合持っています。
それで、古い映画ばかり繰り返し観てしまうので、頭の中のジャッキーは若々しくて元気で明るくて強くて 時々おっちょこちょいだったり調子に乗って大変な事態を招いたり 時には逃げたりもするけど 弱気を助け強気をくじく 誰よりもかっこいい人。
で、時々近年の作品や新作を観ると「あれっジャッキーどうしたの」ってなっちゃうのです。
それで、その時本当のジャッキーはスクリーンの中じゃなくて現実の世界を生きていて、ちゃんと歳を取っているし、いつも明るい役ばかりやっている訳じゃないことに、その都度気付かされるのでした。

昔から好きなバンドは、解散してしまったり、活動停止してしまったり、してることが多いです。
それでCDやレコードを聴いたり、古いPVを円盤で観たり、今はYou Tubeに公式チャンネルがあってそれを観たり…できます。
そのバンドのメンバーが今やっているバンドは、今も好きなこともあれば、違うなって思って離れてしまっていることもあります。
でも彼らが私の中で、時が止まった世界に存在していると、感じることがあります。

その二つはたぶん同じことだなぁって、今日ふと感じました。
時間は確実に過ぎていくのに、私の中で止まってしまっている事がある。
昔々は思い出は過ぎてしまったら心の中にしかとどめておけなかったけれど、今は記録メディアがある。
幸せなことだけど、だから私は前に進めない。幸せなことです。

さっき、何故ゲームは置いておいたのか。
私の一番好きだったゲームはもうアーケードに置いていないからです(笑)
後継機があるからそれをやっているけど、でもやっぱり昔のがやりたくなることがあるんですよ。よく。